Instagram掲載まとめはこちら

ワンオペ育児でも自分の本音を見捨てない

今日は午前11時から
寝かしつけまでワンオペ育児。

母と4歳5ヶ月の娘。

ふたりきりの密室育児に耐えられず、
ぶらっとお出かけをしました。

ずっと気になっていた
くもんの日本地図パズルを買い、帰ったのは午後3時。

いつもなら昼寝するんだけれど、
今日は新しいおもちゃがあるから
遊ばないと気が済まないそう。

帰り道ずっと16kgの抱っこマンを抱えて、
疲労困憊のわたし。

(´-`).。oO(寝てよ、疲れたよ、休みたいよ)と
内心はらわた煮え繰り返ってるわけですが

この状況で私だけ寝ようとしたとて、眠れません。

仕方がなく、やむを得なく、付き合います。

 

無表情で
【育児ストレス_気が狂う】

などと検索してしまう昼下がり。

 

心落ち着けるために
ため息に聞こえなくもない深呼吸。
(不機嫌アピールしたいわけではないんだ)

 

自分が好きな歌を流して、

「ママ疲れてるから、ニコニコできないからね。

と冷静に伝えました。

黙ってうなずく娘。

子どもに合わせながらも、
自分の本音は見捨てない

今すぐ休みたい親と、今すぐ遊びたい子ども。

「休んでから遊ぼ?」という
二人の落としどころを提案しても伝わらないとき。

親、というか「私は」譲ります。
(親だから譲らなきゃいけないとは思っていない)

そんなときでも、できるかぎり
譲った側の本音を見捨てないよう
意識しています。

そのためによく用いるのが、本音を口にすること。

今回でいうと

  • 疲れてる
  • 休みたい
  • 寝たい

こんな単純な本音。

ただ口に出すだけでも、
自分の心を抑えず殺さずに済みます。

冷静に淡々と。
たとえ子に伝わらなくても全然OK。

自分の内側にある本音を無視せず、
外側に出してあげることで

内側の自分に対して
「見捨てていないよ!」と
存在を認めてあげる効果がある。

そんな体感があるんです。

ただ認めるだけでね、
なんか落ち着くんだよね不思議と。

 

そんなこんなで今日は、

感情のままに、
怒ったり冷たい態度をとってしまう
自己嫌悪ルート回避に成功!

冷静に対処できた
拍手喝采ルートを通過できました。

満足感が寝かしつけ後も持続しています(笑)

 

 

子育ては長期戦。
淡々といきましょう。

 

追記

 

ってかこのパズル、娘もくもく遊んでくれる……!

対象年齢5歳からってなってるけれど、
4歳でもおすすめです。

 

 

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です