自分を見失ったので自己理解を深める質問に答えてみた ②【世界一やさしいやりたいことのみつけ方】

 

やりたいこと・やらなければいけないことが増えすぎて、自分が何をやりたいのかわからなくなってしまったしらお(@siraohug)しらおです。

そんなわけで日々の合間に世界一やさしい「やりたいこと」の見つけ方 人生のモヤモヤから解放される自己理解メソッドという本を通して自己理解に取り組みはじめました。

今回はその過程の第二弾。
自分が大切にしている価値観を見つける5つの質問、その2つめに答えた内容をシェアします。

  • 本を読んでいるけれどイマイチ思い浮かばない
  • これでいいのだろうか?他の人はどんな感じで進めているんだろう?

自分の大切にしていることって、大切にしているので当たり前に自分の中にあるのですが、いざ言葉にしようするとかなり難しいですよね〜。

本記事が、自己理解ワークを進めている人の参考になったら幸いです。

Q2.幼い頃や思春期にあった、今の自分に一番大きな影響を与えている出来事or経験は何ですか?
それらが自分の価値観にどう影響を与えましたか?

2問目にして、自分にとってすごく難しい質問でした……。

まずパッと思いついたものを箇条書き。
このとき時系列は気にしません、頭に浮かんだものをとにかく書き出す!

その結果、しらおの場合は11こほどリストアップできました。
そこからひとつひとつに対してそれらが自分の価値観にどう影響を与えたか?を深掘り。

・あまり掘り出せなかったもの → 思いきって削除
・エピソードが似ているもの → 統合
・回答がズレている気がする(この質問に対して適当じゃない気がする)→ 保留

保留というのは「以降のワークで使える気づきかもしれないから、今回は使わないけれど他のメモページに貼って残しておく」という判断です。

こんな感じで編集して、最終的には3つのエピソードにまとまりましたとさ。

中1の頃、心から大好きだった同級生に告白してOKだったとき

中一の時、とにかく大好きだった同級生のTくん。
断られる怖さより「あなたが好きで好きで大好きです!」って気持ちがあふれて止まらず、人生初の告白を経験。
結果はOKで飛び上がるほど嬉しかったんですが、その後なんともあと味の悪い形でフラれました。

でも、今でもその人のことは特別な存在でいい思い出です。
「正直な気持ちを本人に伝える」大切さ、「勇気」を出す前のあの緊張感。
勇気を出したあとの心が震える感覚を教えてもらいました。

今振り返るとじぶん勇気あるなって思うけど、当時は言わずにはいられなかったという感じだった覚えがあります。溢れる本音に背中を押された末の告白でしたね。

価値観キーワード
本人に伝える 勇気 受け止める 背中を押す 誠実 正直 本音 挑戦 愛慕

高校に馴染めなくて不登校だったとき、中学時代の担任が家に泊めてくれたこと

高校に入って、クラスにまったく馴染めず登校拒否を起こしました。
家にもいたくない、学校にも行きたくない、中学時代の友達といるのもつらい。

なんで中学時代の友達たちは順調に友達ができているのに、自分にはできないの?と羨ましくて苦しかったです。

居場所も逃げ場所もなく辛かったとき、中学時代の担任が1泊2日で先生の自宅に泊めてくれたことがありました。
小学生の子が2人いて、そのときは夏休みだったので宿題を手伝ったり、一緒にガンプラ作ったり。

先生の家に生徒が行くなんて、なかなかないことだと思います。いくら先生とはいえ、そんなことしなくてもいいですよね。

それでも、仕事を超えて具体的に手を差し伸べてくれたこと。立場や常識に縛られず、行動で相手のSOSを受け止めること。そんな大人がいるってことに心から救われました。

一生感謝しながら生きていくと思うし、同じようなことができる人でありたいって思っています。

価値観キーワード
居場所 具体的な支援 思いやり 受容 寛容 美徳 親密

高校を中退して翌年、別の高校に入学すると決めてバイトに励んだ日々

結局、登校拒否をおこした高校は高1の12月に辞めました。
中卒でも良かったのかもしれないけれど、当時の私はどうしても高校を卒業したかった。

親を説得して、一個下の学年として再入学を決めたときからひたすらバイトを入れてお金を貯める日々を過ごしました。
ただお金を稼ぐだけじゃなくて、

・あらためて自分はどうして高校に行きたいのか
・なんで前の高校でうまくいかなかったのか
・再入学するときは自分の何を変えるのか
・そのために今何をすればいいのか

半身浴しながらそんなことを書き出していた記憶があります。
今思えばとことん自分と向き合った時期でもありました。

辛かったけれど目標が定まったときはがむしゃらに突っ走れたから、辛さを感じなかった気もします。
バイトも楽しくて、色んな人と出会えたことがいい思い出に。

そして無事に入学、3年間通って卒業もできました。
自分で決めたことをやり通す、そのためにしっかり自分と向き合って、やるべきことは淡々とやる。
なかなかできない経験をさせてもらいました。

価値観キーワード
内省 戦略 目標設定 出会い 自己認識 自律 希望 納得 克服 達成 自制 孤独 努力

以上!
3つのエピソードから、以下の価値観キーワードを抽出しました。

本人に伝える 受け止める 背中を押す 誠実 正直 本音 挑戦 愛慕 勇気 居場所 具体的な支援 思いやり
受容 寛容 美徳 親密 
内省 戦略目標設定 出会い 自己認識 自律 希望 納得 克服 達成 自制 孤独 努力

ちなみに価値観キーワードは、書籍の巻末にある価値観キーワード例100を一部参考にしています。
5つの質問に答え終わったあと、このキーワードたちを使って価値観をさらに導いていくんです!

過去を振り返って印象的だったエピソードから、自分の大切にしてきたものを知る。

たくさん思い出されすぎて、収拾がつかない人。
反対に何も思い出せなくて戸惑う人。

いろいろかと思いますが、目的はあくまで自分が大事にしている価値観を見つけ出すこと

だからエピソードが思い浮かばない人は、飛ばして次の質問をやってみてもいいと思います。
ふとしたときに「あ、あんなことあったな。あれは人生でインパクト大きかったな」と思い出せる場合もありますし。

立ち止まってワーク自体をやめてしまうのはもったいない!
自分を知れる機会は自分が用意しないとやってこないので、マイペースにいきましょう。

ではでは。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です